たんぽぽコーヒーの効能・効果を調べました

たんぽぽコーヒーの効能・効果を調べました
    詳細はこちら

たんぽぽコーヒーには様々な効能・効果があります。母乳の出を良くしたり、不妊治療、冷え性改善、むくみの解消、薄毛・細毛治療など、多くの方が悩みを解消するために愛飲されています。そこでそれぞれの効能・効果についてタンポポが持つ力を調べてみました。

母乳の出をよくする

たんぽぽコーヒーの効能の中で、最も認知度が高いといえるのが母乳の出を良くする効果です。これが目的でたんぽぽコーヒーを飲んでいるママさんも多いですが、母乳の出が良くなるのにはちゃんとした理由があります。

母乳の分泌を促進

タンポポの根を手で折ると、乳白色の汁が出てきます。この白い液体には苦味成分である「タラキサシン」を多く含んでいて、母乳の分泌を促進してくれる働きがあります。

鉄分・カリウムを多く含んでいる

またタンポポには、血液と密接な関わりを持つ鉄分やカリウムも多く含んでいます。どちらも日常生活で不足しがちな栄養素です。さらにタンポポの根は、土の中で育つ植物なので体を温める効果があり、血行が良くなります。

母乳は血液から作られています。血液にとって大切な鉄分やカリウムを補給できて、体を温めて血行も良くなるので、たんぽぽコーヒーは母乳の出が良くなるだけでなく母乳の質も良くすることができる飲み物なのです。

乳腺の詰まりの改善

乳腺の詰まりに効果的なものといえば牛蒡(ごぼう)が有名ですが。たんぽぽの根でも同じように、乳腺詰まりの改善が期待できます。牛蒡には乳管を広げる効果がありますが、たんぽぽには脂肪やコレステロールを減らして母乳をサラサラにしてくれる働きがあります。

不妊治療や妊活中(ベビ待ち)の方へ

たんぽぽコーヒーの成分には、妊娠(生殖)に関わる性ホルモンのバランスを整えたり、分泌を促進してくれる作用があります。なので、不妊治療を行っている方や妊活中(ベビ待ち)の方におすすめの飲み物です。

それは女性に限った話ではなく、男性にも同じように効果が期待できます。タンポポには精子を熟成・活性させる働きがあります。不妊治療や妊活中のカップルであれば、二人で一緒にたんぽぽコーヒーを試してみることをおすすめします。

とある実験によると、タンポポエキスを不妊治療に併用した場合、妊娠率が20%増加したというデータもあるそうですよ。

冷え性の改善

基本的にそれぞれの食品には、体を冷やす性質「陰性」体を温める性質「陽性」のものがあります。一般的なコーヒーは体を冷やしてしまう性質である「陰性」に分類されます。しかし、たんぽぽコーヒー(タンポポの根)は、植物の中でも最も「陽性(体を温める)」の食品として知られています。

今現在、冷え性で悩まされている方は、体がすでに陰性体質になっている可能性が高いです。その場合、たんぽぽコーヒーなどの陽性食品を摂取することで冷え性が改善することが期待できます。

タンポポに含まれる成分は、毛細血管で血液の流れをよくする効果もあるので、冷え性の方にもおすすめですが便秘を改善するための対策としても効果を実感できると思います。

むくみの改善

タンポポの根には、水分代謝を活発にしてくれる「イソクエルシトリン」という成分が含まれています。このイソクエルシトリンによる利尿作用で溜まった老廃物や余分な水分を追い出してくれるので、むくみの予防・改善の効果が期待できます。また、むくみだけでなく、腎臓の負担を減らして腎臓機能の改善もしてくれます。

さらにたんぽぽコーヒーには、カリウムも多く含まれています。このカリウムは、むくみの原因となる塩分(ナトリウム)を排出してくれる働きがあります。カリウムは日常生活で不足しがちな栄養素なので、たんぽぽコーヒーを飲むことで不足分を補うことができます。

育毛(薄毛、細毛)にも効果的

たんぽぽコーヒーといえば母乳や妊娠、むくみなども効果が期待できることでは有名ですが、髪の毛の悩み(薄毛、細毛)にも良い結果をもたらすということは、まだそれほどよく知られてはいません。

タンポポ根エキス(ホコウエイ根エキス)には、とある実験により育毛に非常に効果的だということがわかっています。研究によるとHGF(肝細胞増殖因子)の産生を促進する作用と毛包・毛髪の強化因子を促進する作用があるということです。

薄毛や細毛で悩んでいてる方は市販の育毛剤でも良いですが、たんぽぽコーヒーは漢方薬や薬草としても愛飲されてきた歴史があるので、健康志向の方はぜひ育毛の用途にたんぽぽコーヒーを試されてみてください。

    詳細はこちら

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る