たんぽぽコーヒーおすすめランキング

たんぽぽコーヒーおすすめランキング

たんぽぽコーヒーは様々な会社から販売されていますが、中でも口コミの評判がよく、人気の高いたんぽぽコーヒーのおすすめランキングを紹介します。味や効能など評価の高いメーカーを厳選したので、初めてたんぽぽコーヒーを選ぶ方はぜひ参考にされてみてください。

たんぽぽコーヒーはこんな方におすすめ

たんぽぽコーヒーには様々な効能がありますが、主に以下のような方におすすめです。

  • カフェインを避けたい方(不眠症の方、妊婦さん)
  • 母乳の出を良くしたい方(母乳育児をされる方)
  • 不妊治療をされている方、妊活中(ベビ待ち)の方
  • 冷え性に悩まされている方
  • むくみの症状を解消したい方
  • 育毛(薄毛や細毛など)の悩みを抱えている方
  • 飲み物も健康志向にこだわる方

たんぽぽコーヒーを選ぶポイント

余計なもの(体に害のあるもの)が含まれていないもの

余計なものを含んでいない、タンポポの根100%のシンプルなたんぽぽコーヒーを選ぶことをおすすめします。特に妊娠中の方であれば、変な添加物が入っていないコーヒーが赤ちゃんのためにも好ましいです。

口コミ(味や効能)の評判が良いもの

たんぽぽコーヒーといってもメーカーによって味が異なるので、評判の良いものを選んだほうが美味しくいただけると思います。効能についても、同じ悩みを持つ方が効果を実感しているほうが安心できます。

コストパフォーマンスに優れているもの

一口飲めばすぐに何かしらの効果があわられるというものではないので、ある程度の期間、続けて飲むことをおすすめします。そうなると、コストパフォーマンスの良い(1杯あたりの価格が安い)たんぽぽコーヒーを選んだほうがお財布にも優しいです。

それぞれのチェック項目を、市販されているたんぽぽコーヒーごとに調べて、たんぽぽコーヒーのおすすめランキングを紹介します。

ティーライフのたんぽぽコーヒー「ぽぽたん」

商品成分効果口コミコスパ
ぽぽたん合格合格合格
    詳細はこちら

たんぽぽコーヒー(ティーライフ)のレビュー

多くの芸能人も愛飲しているたんぽぽコーヒーで、口コミでの評判も非常に高いです。100%タンポポの根から作られているので、妊娠中の方や授乳中のママも安心して飲むことができます。

コストパフォーマンスもよく、価格は1杯あたり約44円とリーズナブル。さらに送料も無料(全商品)です。定期便で申し込むとさらにお得になります。私もティーライフさんの「ぽぽたん」を愛飲させていただいていますo(>▽<*)

そのまま飲むのもよいですが、私の場合はミルクを混ぜてカフェオレ風にして飲んでいます。もちろん、ホットでもアイスでも美味しくいただけますよ。購入者のリピーターが多くて、一番人気のたんぽぽコーヒーです。

AMOMAのたんぽぽコーヒー

商品成分効果口コミコスパ
AMOMAのたんぽぽコーヒー合格普通合格
    詳細はこちら

たんぽぽコーヒー(AMOMA)のレビュー

AMOMAのたんぽぽコーヒーは、特に妊娠中の方に人気の商品です。AMOMA自体がママと赤ちゃんのためのマテニィブランドであり、多くの妊婦さん向け雑誌でも紹介されています。

100%オーガニックにこだわっていて、口コミの評価も上々です。同じように妊婦さん向けの飲み物として、同社のハーブティーやルイボスティーも人気があり、多くの方が愛飲されています。

コストパフォーマンスに関しては、1杯あたり約43円と非常に優秀です。送料は250円(定期便は無料)。他の商品もそうですが、AMOMAさんの商品はお財布にも優しいので長く続けたい方にぴったりです。

たんぽぽ堂のたんぽぽコーヒー

商品成分効果口コミコスパ
合格合格普通

たんぽぽコーヒー(たんぽぽ堂)のレビュー

たんぽぽコーヒーの専門店ということで、品質へのこだわりがあり、厳選したタンポポの根を使用しています。多くのメディアにも掲載され、口コミでも評判も高いです。

コストパフォーマンスに関しては、1杯あたり約50円と上の2社と比べると少しお高め。5,250円以上だと送料は無料になりますが、それ未満だと380円の送料がかかります。

生活の木のたんぽぽコーヒー

商品成分効果口コミコスパ
合格普通不合格

たんぽぽコーヒー(生活の木)のレビュー

生活の木といえばハーブやアロマテラピーを取り扱う有名なショップ。販売しているメーカーの中でも知名度は一番だと思います。味に関する口コミも決して悪くはありません。多くの方が愛飲しているたんぽぽコーヒーです。

ただし、コストパフォーマンスに関してはそれほどよいとは言えません。1杯あたり約60円くらいで、購入するネットショップによっては送料がかかります。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る